Bible Black 第一章 黒魔術の学園

Bible Black 第一章 黒魔術の学園

Bible Black 第一章 黒魔術の学園

2000年7月14日に発売され、2006年9月29日にはスリム版が発売された。
2008年には続篇である『Bible Black -The Infection-』が発売された。
本編発売時、聖少女の手による原画とシナリオが好評でオリジナルストーリーのOVAがリリースされるほどの人気を博した。また、OVA版は海外にも輸出され、海の向こう側でも人気を博した。

 ある学園の地下室にて、数人の学生が悪魔を呼び出すための儀式「ワルプルギスの夜」を行い、参加者が死亡した。
 12年の間、その事件は噂として学生たちの間で語られていった。その閉鎖された地下室のカギを主人公・水無瀬多喜は手に入れ、噂の真偽を確かめるべく地下室に立ち入った。
 その部屋は噂どおりの凄惨な光景をしていた。多喜はその部屋にあった魔術書を持ち帰り、解読を進めた。
 それが、恐ろしい事件になっていくとも知らずに…。

■ストーリー
探さなければ……無垢な身体を……ワルプルギスの夜までに…

ワルプルギスの夜。
無気味な呪文が聴こえる学園地下室で、全裸に剥かれた生け贄の美少女への儀式が繰り広げられていた

—— 12年後。
地下室で偶然“魔導書”を見つけた水無瀬多喜は、
以来、秘密の呪文を駆使して憧れの生徒会長・白木里香を性の虜に堕とすことに成功する。
そして学園内で次々と起きる淫らな事件。
学園の美女たちに再び迫りくるワルプルギスの夜とは!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA